教育無償化は大学じゃない本丸は幼児教育だ。

細野豪志さんが教育無償化を憲法に書き込むべきとの議論をはじめて以来、

安倍総理の5月3日メッセージでも教育無償化はホットイシューに

しかし、憲法に書かなくても予算措置で無償化はできるという議論もある。

ただ、民主党政権で高校授業料無償化を実現したが、その後の自民政権ではひっくり返された。

社会保障給付費が114兆円越えその半分は年金だ。

年金は「準備」できる将来だが、教育、とりわけ幼児教育は今の課題であり

「公費」で賄われる領域だと思う。

高等教育は奨学金などチャンスは多々ある。一方幼児教育はお受験やインター幼稚園に通うう余裕のある家庭から、待機児童の深刻な増加など経済的な理由で

今現在チャンスが奪われている。

詳しくは下記対談を

高山智司 Web-site

元衆議院議員 高山智司の公式Web-siteです。